クレジットカードの豆知識:審査の3C

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードの審査基準にはいくつかの項目があります。

クレジットカードの審査にはきちんと通りたい、と思っている人も多いと思いますので、今回は「審査基準の3C」とよばれているものを紹介したいと思います。

審査基準の3C

クレジットカードの審査には3Cとよばれるものがあります。これを判断基準の中心として信用調査をするわけですが、この3つはCapacity、Character、Capitalです。

まずCapacityは資力のことで、定期的な収入があり継続的な返済能力があるかどうかです。クレジットカードの審査をする上で返済能力があるかどうかが最も重要なものになります。

Characterは性格のことで、細かい属性も含んでいます。本人の性格やこれまでにお金のことで延滞したかどうか、しっかりと返済できたかどうかという点が問われており、きっちりとした性格なのかどうかということです。
性格が良い=まじめ、信頼性があるといった判断になり、信用度に関わってきます。

Capitalは資産のことで、そのままの意味で貯蓄があるかどうかになります。不動産や車や有価証券等も含まれており、負債の担保があるかどうかや万が一の返済能力があるかどうかを判断するためのものです。

 

特に重要な項目は?

このように3Cがあるのですが、意外とクレジットカード会社ではCharacterを重視しています。返済能力は当たり前のものとして考えることが多く、性格が良くないと代金後払いシステムを採用しているクレジットカードでは利用者の信頼性がとても大事なのです。

それは利用者が返済をしないと貸倒れになってしまう可能性があるため、利用者が約定日を守ってくれ、利用限度額に合わせた利用のしかたをしてくれるかといった部分を見ているのです。
もし延滞をよくしている人はCharacterの信用性が低いと判断されてしまい審査に落ちる可能性があります。

もちろんCapacityやCapitalも大事であり、多ければ多いほど良いのですが、申込みをして自分の収入に見合った利用したい額に合っていればそこまで求められるものではなく、むしろCharacterを見られます。

そもそもCharacterはどう見られるのかというと、個人信用情報機関で過去の履歴を調べられます。それに申込みをした本人のデータや属性を見て信用できるかどうか、返済できるかどうかを見て判断していきます。属性でもたくさんありますが信用の部分でいいますと、勤続年数を重視されます。

もし嘘の情報を申し込み書に書いた場合は信用できない人物とされてしまい審査に落ちてしまいます。
また実態とかけ離れた状況でも疑われることもありますので嘘をつかずに本当のことを書いて申し込みをするようにしましょう。

 

他には何を気をつければいいの?

Characterの次に重要になるのが返済能力が問われるCapacityになります。収入がどれくらいあるかは当然としまして、どんな仕事をしてどのように収入を得ているかといった中身も調べられます。
クレジットカード会社のスコアリングで最低限の年収ラインは決まっていることが多いので注意が必要です。

Capitalも審査対象になりますが自分の銀行口座の貯金額を提示するわけではないので深く考える必要はありません。
もし貯金額を申告する必要があれば無いよりもあった方が有利になりますし、貸家に住んでいるよりも持家の方が当然のように評価されます。

細かい部分で差がひらくということはないのですがスコアリングの点数で少しの差で審査に通った、落ちたといったこともありますので不利有利があるということを覚えておきましょう。

このようにクレジットカード会社では3Cというもので評価したり、判断したりしていますのでスコアリングを意識してみて申込みをしてみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加