クレジットカードの審査をキャンセルするとどうなるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードの審査をキャンセルする読んでおきたい情報をまとめてみました。

審査をキャンセルできるのかだけではなく、今後信用情報にどう影響するのかまで参考にしてみてください。

 

クレジットカードのキャンセルはそもそもできるのか

結論から申しますと、タイミング次第です。今の状況がクレジットカードに申し込みをした直後なのか、はたまたクレジットカードの審査は終わり、発行する段階であるのかでキャンセルできるかは大きく変わる可能性があります。

クレジットカードの申し込み直後であれば、クレジットカード会社へただちに電話をかけることをおすすめします。電話でクレジットカードの申し込みを取り消して欲しいと告げれば原則取り消しが可能です。

しかし審査が終わったあとで、発行後や受取を拒否しようとしている場合は危険信号です。キャンセルはできたとしても申し込んだクレジットカード会社だけではなく、これから他のクレジットカード会社に申し込もうとした際にも良い印象を与えないことは覚悟して下さい。

クレジットカードを使用するということは、クレジットカード会社があなたの代わりにお支払いの時にお金を立て替えるということです。あなたが信用できる人物に値するかを知るために行うのが、審査であるということです。会社と個人の信頼関係が大切なのであることは、覚えておきましょう。

 

申し込みをキャンセルしたら信用情報はどうなってしまうのか

まず信用情報について、説明します。

信用情報とは、クレジットカードやローン等の契約内容や支払い状況、申込経歴、取引事実、利用照会情報のことです。これは、信用情報機関が登録しています。過去に支払いの延滞や滞納があった場合はネガティブ情報として扱われます。ネガティブ情報は信用力に欠ける要素として、審査が厳しくなります。

その信用情報は、申し込みをキャンセルしたら、どのように記録されるのでしょうか?

審査前にキャンセルをした場合

審査前であれば信用情報に大きな問題として記録されることはありません。しかし、申し込みをした事実は残ります。

審査が始まってからキャンセルをした場合

信用情報にネガティブな情報として登録される可能性があります。カード会社Aに申し込んでキャンセルした後にカード会社Bに申し込もうとした場合、最低6か月はそのネガティブ情報はカード会社Bにも筒抜けだということを把握しておいて下さい。

ネガティブ情報とは、ブラック情報とも呼ばれていて、マイナスに評価される事実のことを言います。不適切な事実があると受け止められ、いい加減な人物であると判断される要素になります。そのいい加減な情報が多ければ審査が厳しくなります。

 

申し込みをキャンセルした場合今後の審査はどうなるか

一度審査をキャンセルしたとき同じ会社に申し込みを行うと、審査が厳しくなる可能性があります。先ほども述べましたように、クレジットカードを発行するということは会社と個人の信頼関係です。それをキャンセルしたとなれば、会社内でのネガティブ情報として、記録されることもありえます。

また、今後新たにクレジットカードの申し込みを行う際に不利になってしまう場合もあります。ネガティブ情報を複数残さないためにも、短期間での入退会を繰り返すことはしないことをおすすめします。

 

まとめ

クレジットカードに申し込んだ際に大事なことは、人物像における信用力です。どれだけネガティブ情報を残さないかが、重要であると言えます。

審査をキャンセルしたとなると、今後同じクレジットカード会社に申し込もうとしたときに良い印象を与えず、審査が厳しくなる可能性があるので、覚えておくといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加