クレジットカード審査におけるCICについて解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードの審査において重要なのが「信用情報」です。

今回は信用情報を管理するCICという機関にターゲットを絞り、信用情報を傷つけない方法について説明していきます。

CICとは?

CICとはJICCやKSCと並ぶ信用情報機関の1つであり、貸金業法・割賦販売法に基づく指定信用情報機関として、内閣総理大臣と経済産業大臣より指定を受けています。貸金業法は主にカードローンに、割賦販売法は主にクレジットカードに関係します。貸金業法に基づき指定を受けた信用情報機関は他にも存在しますが、割賦販売法に基づき指定を受けているのはCICのほかにありません。つまり、カード会社はCICへの加盟を義務付けられていることになります。

CICは加盟会員その顧客情報を提供することを条件に、審査の際にデータベースから必要な情報をカード会社に渡します。いわばCICは各カード会社の情報を共有するための、プール場所としての役割を担っているのです。

 

CICに記録される申込情報

CICは大別して「申込情報」「クレジット情報」「利用記録」の3つの情報を保持しています。

申込情報とは、氏名や生年月日、郵便番号や電話番号といった個人を識別するための情報と、商品名や契約予定額、支払予定回数などの申込内容に関する情報のことを指します。これらの情報は照会日、つまり申込時から6か月間保持されます。

クレジット情報とは先ほどの個人を識別するための情報と申込内容に加え、請求額や入金履歴、延滞の有無といった支払状況に関する情報と割賦販売法・貸金業対象商品の支払状況に関する情報のことを指します。これらの情報は契約期間中および契約終了後最大5年間保持されます。クレジット情報の中に申込情報の内容がそのまま盛り込まれていることに注意してください。

利用記録とはカード会社がある個人の信用情報を照会した日時やその会社名のことを指します。どんな会社がいつ自分の信用情報を照会したのかは利用記録を見れば分かるということです。これらの情報は照会日より6か月間保持されます。

 

短期間での多重申込がよくない理由とは?

前述のとおり、CICは誰が、いつ、どの会社に申込みをしたのかを事細かに記録しています。そして審査の際にはどんなカード会社でもその情報を知ることができるのです。つまり多重申込は必ずばれるということです。

ではなぜ短期間に多重申込をするのが良くないのでしょうか。その答えはカード会社の立場に立ってみれば見えてきます。

例えばここに年収も勤め先も何もかもが同じなAさんとBさんがいたとしましょう。Aさんは多重申込をしておらず、Bさんはたくさんのカード会社に申し込んでいます。どちらかしか審査に通せない場合、多くの人がAさんを選んだのではないでしょうか。それは「短期間に大量にクレジットカードの申込みを行う」=「お金によほど困っている」と考えに基づいていると思います。生活を保つのが精いっぱいの人と余裕がある人、お金を貸すなら当然後者ですよね。

 

ネガティブ情報を記録させないことが重要

CICが保有する情報、つまり信用情報にネガティブな情報を記録しないようにすることが大事です。例えば、先ほどの多重申込の例。多重申込だけでも大きなネガティブ情報なのに審査に落ちることでさらにその影響力は高まります。前述のとおり、申込情報は6か月間残り続けるからです。多重申込をしてしまった場合は6か月間どんな審査に通らないことを覚悟してください。

他に挙げられるネガティブ情報として、延滞の記録があります。CICでは61日以上の延滞でブラックリストに載ることになりますが、それ未満の延滞でも当然記録されます。失った信用を取り戻すのは難しいとはよく言ったもので、延滞の記録は5年近くもの間残ることになります。その間の新規クレジットカードへの申込みにおいてとてつもなく大きなハンデを背負うことになるので、絶対に延滞しないようにしましょう。

 

一度は自分の個人信用情報を照会してみては?

ネガティブ情報の話を聞いて、自分の信用情報は大丈夫なのかと心配になった方もいることでしょう。実はごく簡単な手続きによって自分の信用情報を照会できるのです。照会方法は3つあります。

まずは窓口での開示請求する方法です。近くにCICがある場合はこちらの方法が最もおすすめですが、CIC自体が全国に7か所しかないため該当する人は少ないでしょう。

次にネットでの開示請求です。手数料を引き落とすためのクレジットカードが必要ですが、自宅に居ながら信用情報を照会できます。ただし送られてくるのはPDFデータですので取り扱いには注意してください。

最後に郵送による開示請求です。申込書と本人確認書類をCICに送る方法です。便利なのは間違いありませんが、実際に照会できるまで10日前後かかるのがネックです。

 

まとめ

以上、CICと信用情報に傷をつけない方法について説明してきました。善は急げと申します。少しでも気になったのなら自分の信用情報を照会してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加