クレジットカード審査の流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードを利用するためには審査を受ける必要があります。でも、何をどう審査されているかなどをしっかり理解している人は少ないですよね。

そこで今回はその審査の流れを、説明したいと思います。

 

審査の流れ(仮審査)

カード会社は個人の収入や雇用形態、他社の利用状況などを総合的に判断した上で、利用の可否や限度額を決定します。クレジットカードの申し込み手続きから実際に利用開始されるまでの流れですが、最初に仮審査が行われて利用の可否や限度額が決定されます。ついで本審査で本人確認書類や収入証明書類の確認、職場への在籍確認が行われます。その後にクレジットカードが発行され、利用者の手元に郵送で送付されます。

利用者は最初にカード会社に申し込みの手続きを行います。申し込み手続きの際は住所や電話番号などのほかに、収入や勤続年数、勤務先、借金の有無などについて申告します。カード会社は申告された情報と、信用情報機関に照会して得た本人の借金や他社カードの利用状況などに基づき、カードの利用可否の判断が行われます。カード会社は信用情報機関を利用して本人の借入状況を調べます。本人が申込手続きの際に自分で申告した借金の有無や金額について、正しいかどうかも判断材料とされます。申し込み時に本人が申告した借入金額が実際よりも少なすぎる場合には、利用を断られてしまう場合があります。

キャッシング枠については総量規制(借入可能な金額が年収額の1/3に制限)の範囲内であるため、消費者金融などから借金をしている人はキャッシングが利用できない場合があります。カードの利用が可能であると判断された場合には、利用可能な限度額とキャッシング枠を決定します。

 

審査の流れ(本審査)

審査は、人手を必要とする作業を除いてコンピュータによって一連の作業が機械的に行われ、利用可否や限度額などの判断が行われます。コンピュータでは過去のデータに基づくスコアリングシステム(点数制)が採用されていて、本人の収入額やその他の情報から利用可否や限度額が決定されます。

申告された情報や他社の借入状況を総合的に判断して、クレジットカードの利用が可能であると判断された場合には、本審査が行われます。身分証明書類のコピーや収入証明書類の提出を受けて、申し込み時に申告された内容と一致しているかどうかの確認が人手によって行われます。

カード会社によっては申告された職場に本当に勤務しているかどうかを確認するために、電話で在籍確認が行われます。大抵の場合、職場への在籍確認の電話はカード会社であることが分からないように個人名を名乗り、本人が席を外していたとしても職場に勤務していることが確認されれば完了です。

インターネットで申し込み手続きを行った場合は、この段階で身分証明書類や収入証明書類を提出する場合があります。書類の提出はコピーしたものを郵送するほか、最近は書類の文字や顔写真が判別できるように撮影した画像をインターネットのサイトを利用して送信することもできます。郵送申込みや窓口での申し込みであれば、最初に身分証明書類や収入証明書類のコピーを提出します。提出された書類の写しと、最初に申込手続きを行った際に申告された内容が異なる場合には利用を断られてしまう場合があります。提出された書類と本人が申告した情報が一致していれば審査が終了します。

 

カード発行

クレジットカードが発行されて、登録された住所に書留で送付されます。カードを郵送で送付する理由は、申告された住所にカードの名義人が本当に居住しているのかどうかを調べる目的を兼ねています。このため申告された住所に本人が居住していなければ、利用を断られる場合もあります。

最初に行われる仮審査で、クレジットカードの利用可否や限度額の決定が行われます。このため申込手続きの段階で住所やその他の個人情報、他社の借入状況、勤務先や年収などの情報に誤りがあると、カードの利用が断られてしまう恐れがあります。最初に申し込みを行う際は、正確に申告することが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加