クレジットカードの審査に通らない理由を検証してみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードに申し込みを行うと審査を経てカードが発行されますが、場合によっては審査落ちとなりカードが発行されないこともあります。

そこで今回はクレジットカードの審査に落ちてしまう時には、どのような理由が考えられるかということを検証していきます。すでに審査に落ちてしまった方は何が原因で落ちてしまったのか、これから申し込みを行おうという方は自分が気を付けるべきポイントはなにか、ということを確認してみてください。

クレジットカードの審査に通らないのは何が理由?

クレジットカードの審査に落ちてしまった時の、よくある理由は以下のようなものです。

 

まずそもそもの申し込み条件を満たしているか

まず根本的な問題として、「カードの申し込み条件」として公式ホームページ等に記載されている条件を満たしているかどうかということが考えられます。

例えば「大学生不可」というカードに対して大学生が申し込んだとしたら、以下に属性が優れていようが信用情報に問題が無かろうが審査落ちするのは確実です。自分が申し込もうと思っているクレジットカードの申し込み基準をよく読んで、自分がその基準を満たしていることを確認してから申し込むようにしましょう。

 

属性が求められている基準に達していない

最低限申し込み条件は満たせているとするならば、次に考えられるのは申し込み者の「属性」がカード会社が求めている基準に達していないということです。

 

属性とは年収や勤続年数などで、申し込み書から判断される

属性とは年収や勤続年数、職業・雇用形態などで、申し込み情報に記載した内容から判断されます。カード会社はこの属性を基に、この申し込み者に対してクレジットカードを発行したとして、きちんと返済してもらえるかどうか、ということを判断します。

例えば「年収800万円・公務員・持ち家あり」という属性の人は、「収入も高く職業も安定性が高い。持ち家ありということは万が一返済が滞ってしまったとしても家を担保にできる」と、判断され非常に高い評価を受けることになるでしょう。対して「年収200万円・アルバイト・賃貸マンション暮らし」という属性の人は「年収も高いわけではないし、アルバイトなので安定性も低い。賃貸マンションということは毎月家賃の出費があるだろうが、家賃やもろもろを支払った上でクレジットカードの返済を行う余裕があるか?」と考えられてしまっても、おかしくはありません。

このように、属性を基にして判断を行った上で、クレジットカード会社が求める基準に届かず審査落ちになってしまったというケースが考えられます。

 

信用情報上にキズがある

「申し込み条件も満たしている。属性もおそらく大丈夫だろう。でも審査落ちになってしまった」という場合に考えられるのは、信用情報上にキズがあるというケースです。

 

過去にローン等の返済を遅延していないか?

信用情報とはこれまでに行ってきた信用取引の履歴のことで、ローンやクレジットカードの申し込み・使用・返済などに関する情報が記録されています。ここにはいい情報も悪い情報も全て記載されるので、過去にローンの返済を遅延していたことがあった場合などには、その記録が信用情報上の「キズ」となります。

クレジットカードの審査を行う際には例外なくこの信用情報が参照されるので、その過程でキズが発見された場合には当然審査落ちという結果になってしまいます。

 

逆に信用情報上に情報が全くない

「信用情報上にキズがある」という状態とは真逆の「信用情報上に何も情報が無い」という場合はどうなのでしょうか。一見すると非常にプラスにも思える状態ですが、実はこの「信用情報上に何も情報が無い」状態も審査においてはマイナス要素なんです。

信用情報上に何も記録がない状態のことを業界用語で「ホワイト」もしくは「スーパーホワイト(一般的には20台後半以降でホワイトの人のこと。厳密な決まりはない)」といいますが、ホワイト属性の人はクレジットカード会社からすると歓迎せざる客である可能性が高いのです。年齢が若いホワイトの人であれば、「今までクレジットカードを作ったりローンを組んだりしてこなかったんだろうな」と納得もできますが、30代以降でそういった取引を今まで行ってこなかった人というのは、現代においては非常にまれです。

実は先ほどお話しした信用情報上のキズというのは、その内容にもよりますが5年~10年で信用情報上から抹消されるのです。ただ、その5年~10年の間には当然信用取引を行うことはできませんから、キズが消えた後に残されるのは何も記録の無いまっさらな状態の信用情報です。

つまり信用状情報上に何も記録が無い状態というのは、今まで信用取引を行ってこなかったからなのか、過去の信用取引で付いてしまったキズが消えたからなのかという判断が付かないのです。ですので君子危うきに近寄らずということで、ホワイトの人はクレジットカードの審査に落ちてしまう可能性が非常に高いといえます。

 

審査に通らなかった理由は教えてもらえない

クレジットカードの審査落ちになる・なりそうな要因を考える重要な理由は、審査落ちになった場合、その理由を教えてもらえうことはできないからです。

 

自分なりに足りなかったと思われる部分を考えなければならない

例えば「あなたは年収が100万円足りなかったので審査落ちになりました」というように、理由が教えてもらえるのであれば次回申し込みを行う際にはその部分をクレジットカード会社が求める基準まで引き上げた上で申し込みを行う、というような対策をすることが可能です。

しかし実際にはそのようなことは教えてもらえないため、自分のどこが悪かったのか?ということを検討する必要があるのです。

 

自分の信用情報は機関に照会申請することで確認ができる

ただし審査落ちの1つの原因になりうる信用情報だけは、信用情報機関に照会を申請することで自分で確認することが可能です。信用情報の詳しい見方などは割愛しますが、もしここにキズがあった場合はそのキズが消えるまでは新たな申し込みは我慢しなければなりません。

ですが理由が判明してスッキリすることも多いでしょう。自分の信用情報が気になる人は、一度信用情報機関に照会申請を行ってみることをおすすめします。

 

まとめ

以上クレジットカードの審査に通らない場合の理由を検証してみました。個人で、審査落ちになってしまう理由はバラバラです。今回の内容をすでに審査落ちになってしまった人は次への対策に、これから申し込む人は事前確認として役立ててみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加