本当に知っている?キャッシングの誤解:クレジットカードの審査について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードにキャッシング機能というのがありますよね。でもキャッシング枠と、普段使っているショッピング枠とはどう違うのでしょうか?

また、キャッシング機能とカードローンの違いについてもちゃんと区別

キャッシング枠とショッピング枠

クレジットカードは買い物の支払いをカード会社に立て替えてもらうことにより、後払いで商品の購入やサービスを受けることができるものです。こうした利用は限度額内で行うことができますが、それとは別にお金を借りるための枠があるものもあります。これを「キャッシング枠」と言います。

キャッシング枠は希望しなければ設定されませんが、もし希望する場合はショッピング枠とは別の審査が必要になります。それぞれを管理する法律に違いがあるためです。

ショッピング枠は割賦販売法、キャッシング枠は貸金業法の規制下にあります。ただし銀行発行のクレジットカードやカードローンの場合、キャッシング枠は銀行法の管理下にあります。そのため、カードの発行会社がどこかによっても、また少し審査基準に違いが生じてくるのです。

貸金業法には総量規制という決まりがあり、年収の3分の1以上の貸し出しが禁止されています。そのためカード会社によって決まりは異なりますが、一定金額以上のキャッシング枠を希望する場合は収入を証明することができる書類の提出が義務付けられます。

銀行法にはこうした規制がありませんので、限度額は基本的には金融機関の判断によって決定されます。ただし審査の中で信用情報を確認することによって、現在の他社での利用件数や金額を把握することができます。銀行法の下で営業している金融機関は非常に審査も厳しいので、あまり高い限度額を設定されることはないでしょう。

 

短期間に多くの申し込みは控える

クレジットカードでもカードローンでも、申し込みをすると申し込みがあったことが信用情報に記録されます。金融機関は信用情報を確認する過程で、他社での申し込み状況を知ることになります。

もし短期間にたくさんの申し込みをしている場合、金融機関の基準によって無条件に落とされることがあります。おおよそ、1月の申し込み限度は3,4件としているところが多く、それ以上カードの申し込みをすると、どんなに信用力がある人でも落ちてしまうのです。短期間のたくさんの申し込みは控えたほうが良いでしょう。

 

キャッシングとカードローンの違い

最近ではクレジットカードのキャッシングでも、カードローンのようにリボ払いにすることができるものが多くなってきたため、基本的に2つの商品に大きな差はなくなってきました。

しかしクレジットカードは本来ショッピングをするためのものですので、長期間借り入れをする場合はカードローンのほうが有利になる可能性があります。それは契約後に契約内容を変更する交渉のしやすさにあります。

カードローンでは同じ限度額であっても、利用者によって金利が異なっています。リスクが高い顧客ほど高い金利となり、信用されて安全だと判断されれば低くなるのです。クレジットカードではキャッシングの金利が固定されているものも多いため、交渉する余地がありません。短期的に借りるのであれば大した差はでてきませんが、長期間借りればわずかな金利でも大きな利息支払いになることがあります。

また、カードローンのほうが限度額が高くなるケースが多く、限度額は増えるだけで金利が引き下がります。利息制限法では100万円以上の貸し出しとなれば上限金利が自動的に15%まで引き下がります。複数のカードでお金を借りるよりも、どこか1社に決めて借りていたほうが、同じ金額を借りていても条件が有利になるのです。

 

まとめ

たくさんカードを持っている場合はそれだけで他のカードの申し込みで不利になることがあります。ポイントで有利になるなどの理由からたくさんのカードを所有している人もいますが、信用情報のことを考えれば、できるだけ少ないカードにまとめ、金融機関と良い付き合いをしていくことが、上手なカードホルダーとしての選択と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加