債務整理をするとクレジットカードの審査はどうなりますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードを作りたいと思っても、債務整理をした経験がある方は、果たして審査に通るのかと不安になるますよね。

そこで今回は、債務整理をするとクレジットカードの審査はどうなるのかについて説明したいと思います。

 

債務整理をすると審査にどのくらい影響するのか?

債務整理をすると、一般的には一定期間についてはクレジットカードの審査に通りにくくなりますが、その期間とは債務整理の種類によって異なります。

種類とは、自己破産や個人再生、任意整理などのことです。自己破産や個人再生の場合には、裁判所に申請をすることになり、任意整理の場合には直接金融業者と交渉するので、それにより各個人信用情報機関に記録される期間が異なります。

 

任意整理

まず任意整理の場合には、すべての債務を整理するわけではなく、その名の通りに任意で整理する債務を選択することができます。例えば保証人が付いている場合などに、保証人に迷惑をかけないように選択されるケースが多いです。

残した債務にクレジットカードがある場合には、これまで通りに返済をする限り利用を続けることができます。ただし、再審査などで任意整理の事実が発覚した場合には、利用できなくなる可能性もあります。これ以外は、通常の任意整理後の5年間は個人信用情報に記録が保存されますので、その期間は審査に通ることが難しくなります。

ただし、同じ任意整理でも過払い金返還請求の場合には、少し事情が異なります。既に完済している場合や返還金で借入残高がゼロになる場合には任意整理とはみなされないため、個人信用情報に何の記録も残りません。記録が残るのは、返還金が出た場合でも借入残高が残るケースで任意整理とみなされるので、通常の場合と同じように5年間は記録が残ることになります。

 

自己破産

次に、自己破産の場合です。自己破産とは究極の債務整理と呼ばれるもので、すべての債務がゼロとなるというこれ以上の借金の問題解決方法はないといえるほどのものです。その分任意整理などと比べると、個人信用情報に記録が残る期間も長くなり、通常5~10年間は記録が保存されることになります。

また、自己破産をすると官報に氏名と住所が掲載され、官報の記録も10年間は保存されることになります。従って5~10年間は新たにクレジットカードを作ったり、住宅ローンを組んだりすることが難しくなります。

ただし中には、5年以上経過しないにもかかわらず、新たにクレジットカードを利用できる人がいます。これは自己破産後に短期間で高収入などを得ることに成功したような人の場合で、外資系のクレジットカードなどのように過去の記録よりも現在の返済能力を重視して審査するような商品の場合には利用できることもあるようです。もちろんレアケースですが、債務整理すると新たに借金することができないという法律があるわけではありませんので、あくまで金融機関次第というところです。

 

個人再生

また個人再生の場合にも、自己破産と同様に裁判所を通して申請を行いますので、官報に同様に氏名と住所が掲載されます。各個人信用情報に記録が保存されるのも、5~10年間となりますので、その間の利用は基本的に難しくなります。

 

まとめ

債務整理方法により、個人信用情報に記録が残る期間が異なりますので、原則として記録が削除されたのちには審査に通る可能性が高くなります。ただし債務整理した金融業者については、社内の記録として半永久的に記録が残ることになりますので要注意です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加