クレジットカードの審査の重視ポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードを作りたいが、審査に落ちてしまうのではないかと不安に感じている、そんな場合には、まずどのような点が審査において重視されているのかという点を、把握しておくのが良いでしょう。

今回はクレジットカードの審査で重視されているポイントを、解説したいと思います。

 

信用情報機関への照会

クレジットカードの審査は、発行する会社によって厳しさが異なりますが、個人信用情報機関への照会というのは、どのような場合でも必ず行われるとされています。個人信用情報機関で照会される情報は、これまでに発行したクレジットカード、利用したショッピングローンなどに関するものです。どのようなカードを発行したことがあるか、どの程度の利用があったのか、そして返済は行われたのか、などの内容が確認されます。

これらの情報は約5年間保存されており、カードの申込みをした際などに、照会されるようになっています。例えば返済が滞ってしまった経歴があるなどの場合、それも確認されてしまいますので、審査を通りにくくなることが考えられます。また、収入に対して、他の金融機関からの借り入れが多すぎると判断された場合にも、返済がスムーズに行われないのでは、と見られますから、カードの発行は難しくなるでしょう。

この個人信用情報には、借入れや返済などに関する情報のほか、生年月日や住所、勤務先といった内容も記録されています。カードを申込む際には、書類に様々な情報を記載して提出する必要がありますが、誤記入などをしてしまうと、情報を照会した際に発覚し、信頼性が下がるおそれがありますので、間違いがないように正確に記入をしましょう。

 

信用情報で特に重視されること

個人信用情報において、特に重視されるのが、現在の利用残高や支払状況、事故情報といった部分です。利用残高は、現時点での収入と見合わせた時、すでに支払い能力を超える借入れをしていないかどうか、という点が重要となります。多額の借入れをしている、複数の金融機関から借りており、総額が大きいなどの場合は、返済能力を超えていると判断される場合があります。

支払状況については、今返済がスムーズに行われているかどうか、という点が確認され、事故情報では過去の延滞などがチェックされます。お金を貸す側にとっては、どれも重要な情報であり、きちんと返済してくれる人物なのかどうかを、信用情報によって判断するということになります。

支払いの延滞などの情報が記録されている状況ですと、新規のカード発行は難しくなりますので、規定の期間が経過し、ネガティブな情報が消えた後に、再度申込みを行うのが良いでしょう。

ただし、一度支払いの延滞があったら、一切のカード発行ができなくなる、というわけではないようです。過去に延滞があったとしても、すでに返済を終えているという場合であれば、カードの発行が可能な場合もあります。
カードを発行している会社によっては、勤務先や勤続年数、収入といった属性を重視した審査を行う場合もありますので、そういったところに、申込みをすると良いかもしれません。

カード発行が不可能になるとは限りませんが、一度延滞などがあると、その後の信用に響いてしまう場合が多くありますので、無理なく返済できるよう計画性をもってカードを利用することが大切だと言えます。

 

まとめ

これらの情報はCICなどの機関で管理されており、指定の手続きを行えば、自分で自分の個人信用情報を確認することも可能です。

CICは各地に相談室を開いていますので、そこへ身分証明書など必要なものを持参していけば、情報の確認ができます。また、郵送でも申込むことができますので、自宅付近に相談室がないという場合は、指定の手続きにそって、郵送で申込書を送付しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加