クレジットカード審査が不安な方のための審査の要らないETCカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ETCカードがあれば高速道路や有料道路、駐車場を利用する際にキャッシュレスで便利に利用ができます。

ETCを利用した場合は利用代金は後払いで後日請求されます。このためクレジットカード会社がETC機能専用のカード(ETCカード)を発行して、利用者は車載機にカードを挿入するとETCの利用ができるようになります。ETCは代金後払い制なので、クレジットカードの利用が必須となります。

しかし、クレジットカードを持たない人のために、クレジットカードなしでもETCサービスが使える方法を説明したいと思います。

ETCパーソナルカード

「ETCパーソナルカード」と呼ばれるカードを使えば、クレジットカード審査に通過できない人やクレジットカードを持たない人でも料金後払い制のETCサービスを利用することができます。ETCパーソナルカードは高速道路6社が共同で発行して利用者に貸与されます。

このカードはクレジットカードと同じサイズのプラスチック製のカードで、通常のETCカードと同じように車載機に挿入して使用します。ETCマイレージサービスや各種の割引サービスも適用されます。

ETCの利用料金は後払い制で、翌月にゆうちょ銀行または銀行口座から代金が引き落とされます。

「ETCパーソナルカード」を発行してもらう場合はクレジット審査を必要としませんが、そのかわりに一定金額のデポジット(保証金)を入金する必要があります。デポジットは保証金であり、ETCの利用代金に充当することはできません。デポジットやETCの利用料金の他にも年会費1,200円が必要です。

 

ETCパーソナルカードの保証金

ETCパーソナルカードを利用するためには、あらかじめ一定額以上の保証金を支払う必要があります。保証金の金額ですが、1か月間の平均利用月額(5000円単位で切り上げ)の4倍または1年間の最高利用月額(2万円単位で切り上げ)のいずれか高い方の金額となります。

例えば月平均利用金額が11,000円で年間最高利用月額が32,000円であるとします。この場合、月平均利用金額を切り上げた15,000円の4倍が6万円で、年間最高利用月額を2万円単位で切り上げた金額が4万円となります。両者を比較して高い方の6万円がデポジット額として採用されます。

ちなみに最低デポジット額は2万円となります。ETCの利用頻度が増えるとデポジット額が増えるので、追加で保証金を入金する必要があります。追加の保証金が必要になった場合にはお知らせと振込用紙が送られてきます。デポジットの入金は郵便局の窓口かコンビニ払いとなります。

 

ETCパーソナルカードの作り方

ETCパーソナルカードの発行手続きと利用の流れですが、最初に申込用紙を入手します。ETCパーソナルカードの申込書は高速道路のサービスエリアなどで入手できますが、ETCパーソナルカード事務局に電話で申込書類を請求することも可能です。

申込手続きの際は、利用料金の引き落としためにゆうちょ銀行の通常貯金口座または銀行等の預金口座が必要です。申込用紙に必要事項を記入して事務局に郵送すると、デポジットの入金依頼のお知らせと振込用紙が送付されます。コンビニなどで指定された金額のデポジット(保証金)を入金すれば郵便でカードが送付され、車載機に挿入すればETCの利用を開始することができます。

 

ETCパーソナルカードのメリット

ETCパーソナルカードのメリットは、クレジットカード審査を必要としないことです。

このため、過去に任意整理や自己破産などの法的な債務整理を経験したことがある人、クレジットカードやローン・奨学金などの返済で延滞・滞納の経験がある人、多額の借り入れがあってクレジットカード審査に通過できない人、外国人や学生であるためにクレジットカードが持てない人、クレジットカードが嫌いで持たない人でもETCパーソナルカードを持つことができ、ETCが利用できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加