クレジットカードの審査について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードの審査は不安な方も多いと思います。

そこで今回はクレジットカードの審査について解説したいと思います。

 

クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組みというのは、カード会社と利用者の信頼関係によって成り立っています。つまり、両者の間に信頼関係があることによって、カード会社は利用者の代わりに立て替えてくれるし、利用者は安心してカード払いをすることができます。

この信頼関係を構築する上で重要な判断材料になるのが、クレジットカードを作る際の審査になります。通る人はすぐに通るし、通らない人はなかなか通りません。そのため、今後クレジットカードを作成しようと考えている人は、審査においては何を重視しているのか、通るためにはどうすれば良いのかを知っておく必要があります。

 

カード会社は何を審査しているのか?

カード会社は、ボランティアで代金の立て替えを行っているわけではなく、確実に返済してもらうことを前提に、ビジネスで行っています。利用者はカード会社から支払い額を借りて、そのお金で代金を払っていることと同じ理屈になるので実質は借金に変わりはなく、確実に返済する必要があります。そのため、カード会社は主に利用者が確実にお金を返済できる財力があるかを判定していると言えます。

具体的には、まず利用者の年収を確認し、かつそれが長期間にわたって安定しているかどうかを判定します。たとえば、医師や弁護士といった、基本的に高年収が安定的に得られる職業であれば、カード会社も安心して利用させることができると判断するでしょう。

一方で、たとえば最近自営業を営み始めて、事業を軌道に乗せるにはまだまだ時間がかかる人や、たまたまギャンブルで大当たりして、その年だけ年収が圧倒的に高い人などは、いつ収入が途切れたり、減少するか分からないので、安心して利用させることは出来ないと判断するでしょう。

 

審査に通らない人はこんな人

まずは、過去に借金を踏み倒したことがある人です。当然カード会社は、また借金を踏み倒されるかもしれないと思って、安心して利用させることはできないでしょう。次に、他のカード会社からすでに何枚もクレジットカードを作成している人です。通常多くても2~3枚を使い分ければ済むものの、不用意にたくさん作るということは計画性がないと判断され、利用を拒まれる可能性が高くなるでしょう。次に、借金の踏み倒しは無いものの、現時点において未返済の借金が多く残っている場合です。この場合は、そもそもクレジットカードを利用して買い物などをしている場合では無いと判断されるので、まずは借金をある程度減らしてから申込むようにしましょう。

反対に、しっかりと借金を返すことができていれば、確実に返す意志を持っていて、かつきちんと計画して返済したことを高く評価される場合もあるので、借金はきちんと返しておくようにしましょう。

 

まとめ

以上のように、審査に通る人と通らない人の差は、収入や借金の有無で判断されることがわかります。最近では、なぜ通らなかったかという理由を明らかにしてくれるカード会社も増えてきましたので、積極的に活用してみましょう。その上で、自分が通らなかった原因を改善した上で申込みをすることが大切です。また、仮に苦労せずスムーズに通ったとしても、そこで調子に乗って使いすぎないようにしましょう。計画性がないと判断されて、信頼感を下げてしまっては意味がありません。利用する場合には必ず自分の身の丈に合った使い方を計画するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加