クレジットカードの審査に通りません。なぜでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードを作りたくても、審査に落ちてしまう人もいるかと思います。

そこで今回は、クレジットカードの審査になぜおちてしまうのかを説明したいと思います。

 

収入が低い

クレジットカードの審査に落ちてしまう原因は様々ですが、最初に考えられるものが収入です。現金を持たずに買い物ができるとっても、使った金額は後から口座引き落としで支払わなければならないため、収入がなければカードを発行してもらえません。

ただしカードローンと比べると審査は厳しくなく、収入は本人のものである必要はありません。申込書の年収の記入欄には本人のものとは別に世帯の年収についても記載するところがあります。親や配偶者などの家族に十分な収入があれば、家族が支払うことが期待できるので本人が無職でも利用できます。本人に収入があっても低いと通らなくなってしまうことがあるので、世帯年収は家族全員の合計にしてできるだけ高くしておくといいでしょう。

 

信用情報

審査に落ちる大きな原因として信用情報も挙げられます。クレジットカードやカードローン、税金などの支払いが長期的に滞ってしまった場合、個人信用情報機関に記録されます。これは5年間は残るもので、記録があればその人はお金を支払えなくなる危険性が高い人物として信用を得られなくなってしまいます。過去に問題を起こした経験がある場合、個人信用情報機関に開示請求して記録を見ることができるので、情報が消えていることを確認してから申込むといいでしょう。

信用情報について、問題を起こしてから5年間経過すれば情報機関の記録はなくなりますが、全く影響がなくなるわけではありません。問題を起こしたクレジットカードに再度申し込んだ場合、カード会社には記録が半永久的に残されているので気付かれてしまい、通らなくなります。そのため、他のカードに申し込まなければなりません。

また、注意しなければならないのが銀行のカードローンで問題を起こしたケースです。銀行カードローンは消費者金融が保証会社になっていることが多く、返済の遅延などの記録は銀行だけでなく保証会社にも記録されます。そのため、その消費者金融が行っているクレジットカードに関しては同様に申し込んでも通らなくなります。

 

利用履歴

審査の厳しいところでは利用履歴であるクレジットヒストリーが重視されます。今まで全く利用したことがない人はこれがないため、収入等の属性は十分であっても通りません。

このような場合は審査の甘いところに申し込んでカードを発行し、半年程度利用を続けてクレジットヒストリーができてから申し込むといでしょう。

 

短期解約

短期解約者も信用されなくなる原因になります。新規契約者に対して高額のキャッシュバックが行われることが多く、これを目的に発行と解約を繰り返した場合、これも個人信用情報機関に記録が残っているため、入会特典が目的ですぐに解約されると判断されます。

そのためカードを全く利用せずに解約し、その後に再び発行しようとした場合も通らなくなる可能性があります。カード会社は加盟店から利用料金の一部を手数料として取ることで利益を出しているため、利用されなければ利益が出ません。また管理やカードの発行などの維持費が必要となるため、発行しても損失となります。

 

カードの作りすぎ

カードの作り過ぎも原因になります。クレジットカードのショッピング枠は申込者の与信によって決められます。複数のカードを発行していると与信の空きがなくなってしまうので、所持しているカードを解約したり、ショッピング枠を減額して与信に空きを作る必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加