特集!クレジットカードの審査に通るために必要な最低年収とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードやカードローンは安定した収入があり、支払い能力がある人だけが持つことができます。そのため年収が低いと審査に落ちてしまうことがあり、収入は少ないけれどカードを持ちたいと思ってる人には気になる問題の1つです。

そこで今回はクレジットカードの審査における年収について、説明したいと思います。

 

どうやって年収を審査しているの?

ではクレジットカード会社はどのようにして個人の収入を把握しているのでしょうか。まず申込書には収入を書く欄があります。100%鵜呑みにするわけではありませんが、ここに書かれた数字がある程度の基準となります。仮審査に通ると本審査を行うことになりますが、本審査では申込者の職場に在籍確認を行います。申込書に書かれた職場に勤めていることで年収の裏付けとなり、収入と支払い能力があることがわかるのです。

しかしカード会社は年収だけで契約できるかどうかを決めません。一般的には年収200万円がボーダーラインともいわれていますが、明らかにそれより低い年収である学生や主婦を対象としたカードも存在しています。クレジットカードやカードローンでは「スコアリング」という作業が行われます。これは学校でいうところの通信簿、偏差値のようなもので、自社で定めた基準を満たした人のみが契約することができるのです。年収も評価ポイントの1つとなっていますが、それ以外にも勤め先の勤続年数、住居形態、家族形態など、さまざまな項目が評価対象となっています。収入が低くてもそれをカバーできるような状態である場合は、200万円以下の収入でも契約することは可能です。

 

申込時の注意点

しかしカードによっては契約できる人を制限しているものもあります。例えば「正社員のみ」、「主婦のみ」、「学生のみ」などです。こうしたカードに条件に当てはまらない人が申込みをしても審査に通ることはありません。申込みをするときに必ず自分が条件に合っているのか確認しましょう。

また、1ヶ月に申込みをすることができる件数は限られています。カード会社によってことなりますが、おおよそ4件以上の申込み数があると、どんなにスコアが高くても契約することは難しいでしょう。審査に落ちてしまって損をするようなことはありませんが、信用情報に残された申込情報が、間接的に評価を下げてしまう原因となることはあります。

 

収入を虚偽の申告をしたらどうなるのか?

では、収入欄に多少多く見積もった場合はどうなるのでしょうか。カード会社は正確な収入を把握することは不可能です。そのため即座にわかってしまうことはないかもしれません。しかしその後契約できたとして限度額をアップしたりすると、収入証明書の提出が必要になることがあります。収入証明書とは、会社からの給料明細や確定申告書です。確定申告書では正確な金額がわかってしまいますので、提出を求められたときに困ることになります。

ウソがばれたときは信用を大きく傷つけてしまうことになりますし、場合によってはウソの情報で契約したとなって、契約が無効とされてしまうこともあります。カード発行会社がグループ企業だった場合、社内で情報が共有されることによって、他の会社でも今後契約が難しくなってしまうこともありますので、悪意を持った契約をしてはなりません。

 

デビットカードとは?

もし収入が低くてもクレジットカードの機能を利用したい場合は、デビットカードを検討してみると良いでしょう。デビットカードは利用すると即座に銀行口座から引き落としが入ります。そのため利用しすぎてしまうこともありませんし、この安全性から審査なしで契約することができます。

ネットで何かを買ったりするときにはカードがあると非常に便利ですので、デビットカードは1枚は持っておいても良いかもしれません。またクレジットカードのようにキャッシュバックを受けることもできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加