クレジットカードの審査に落ちやすい人とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードを持ちたくても審査基準に満たすことができず、審査が通らないことがあります。

そこで今回はクレジットカードに落ちる人の特徴について、解説したいと思います。

 

延滞したことがある

1番に多い理由は携帯電話の料金を1回でも期限までに指定口座から引き落としができない場合や、振込み用紙での支払いが遅れた場合です。携帯電話も支払いに遅れがある場合は審査機関に記載されるので、カード会社が審査する際に審査機関から情報が提供される仕組みになっています。

次に破産宣告をされた場合はその期間中はカードを作ることができません。多くの理由は破産した理由が借金問題になるのでカードを発行することで、さらに借金を助長することになりますので発行に制限がかかります。

同様の理由で既にクレジットカードをお持ちの方も新規にカードを発行する場合も、ローンなどで支払いが遅れている場合も新規のカードは発行出来ません。逆にそのカードを発行後に未使用の場合も発行が難しい場合があります。なので既にカードをお持ちの方は高価な物でなくても、月に2回ぐらいはスーパーなどの商品代をカードで支払うと、この部分は解消します。

 

審査基準を満たしていない

審査基準で重視される点として、年収や勤務年数がカード会社が基準としている以上にないと発行ができません。カード会社によっては固定電話を持っていない場合も発行しない場合があります。このため就職後の場合は審査基準が未定の部分が多いので発行が見送られる場合があります。概ね3年以上の在籍が無いと発行は難しい場合が多いです。

ただし、キャッシング枠を0円に設定にして申込むと審査が通りやすい場合もあります。半年以内に複数のクレジットカードに審査依頼をして審査が通らなかった場合は、お金に困っていると判断されて負債が出る可能性が想定されるので、審査基準に達している場合も発行ができないので注意が必要です。

情報は半年すると自動的に情報が消去されるためカード会社にも履歴が出ないシステムとなっています。このことからカード発行出来なかった場合は、半年以上は時間をおく場合が必要があります。

 

奨学金を返していない

意外な理由だと思いますが、大学卒業後にクレジットカードの審査を受けた場合は、大学在籍時に借りた奨学金を返していないケースがあります。奨学金は借りる物なので、返済を行っていない場合は信用されずカード会社は発行を見送られる場合もあるので注意が必要です。

 

過払い金の請求は問題ない

過払い金を請求している場合は任意整理の扱いになりませんので信用機関には登録されていません。またクレジットカードは個人に対して発行する物なので、家族や親族が任意整理や自己破産を行った場合で、ご自身が関わっていない場合は通常の審査基準で判断されます。

 

2枚目を発行したいときはどうすればいい?

どうしても2枚目のカードを発行したい場合は既に持っているカードで信用を得ていくと、次のカードが発行しやすくなるケースがあります。これは現在、銀行口座から現金で引落しを行っている携帯電話の料金や公共料金をカードを使って引落しをすることで他のカード会社にも信用が得ることが可能です。全ての支払いをカード支払いにする必要はないので、自分で把握できる範囲で切り替える事をお勧めします。

そのカード分の支払いは引落し期限の数日前に口座に入れておいて、絶対に支払いが遅れることのないように注意する必要があります。月々の支払いがしっかりできていれば、他のクレジットカード会社が審査して照会をかけても信用度は高いという結論になるので、審査基準を満たしている状態であれば、まず審査に落ちることは少なくなります。

このように信用を積んでいく方法で新規にカード発行することも可能になりますので、諦めずに時間をかけるのも方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加