クレジットカードの審査に通るにはどうすればいいですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードは現在は一人で何枚も持っている人がいますが、最近では公共料金の支払いや、社会保険料の支払いに使えるのでとても便利です。ポイントも貯まるので、ショッピングや商品券に引き換えられます。

クレジットカードは便利ですが、すべての人が申し込めば利用できるわけではなく、審査に通る必要があります。カードの発行会社によって審査基準も違うので、審査に通る人もいれば通らない人もいます。

そこで今回はクレジットカードの審査に通るにはどうすればいいのかを説明したいと思います。

支払い延滞をしない

クレジットカードの審査に通る方法ですが、発行会社に信頼されることです。発行会社に一番信頼されるのは、支払いの遅延が一度もないことです。

カードの発行会社は、申込みがあると信用情報機関に問い合わせて履歴を調べます。その時に支払延滞があると、ある一定の期間履歴に残ってしまいます。自分はカードローンやキャッシングの支払延滞は一度もないので、安心している人もいますが、携帯電話や通販の支払延滞があるだけで、履歴が信用情報機関に残るので、審査に通りにくくなります。

過去に支払延滞をした可能性がある人は、信用情報機関に自分の履歴を問い合わせてみるといいでしょう。過去に債務整理をしている人も、履歴が信用情報機関に残っているので、申込んでも審査に通らないことが多いです。債務整理の履歴は、ある一定の期間がたつと消えるので、履歴が消えてから申し込むといいでしょう。

 

安定した収入を得る

安定した収入があることを審査基準にしている発行会社も多いです。安定した収入とは、正社員で年収が多いことではなく、毎月継続して収入があることを言います。

たとえアルバイトやパートでも、毎月決まった収入が入ってくれば、安定した収入とみなされます。ただし、勤務年数が短い場合は安定した収入とはみなされないので、最低でも1年以上働いてから申し込むと審査に通りやすくなります。

主婦の場合はアルバイトやパートで決まった収入があれば審査に通りやすいですが、収入がまったくない専業主婦の場合は、配偶者に収入があれば審査に通りやすくなります。

学生の場合はアルバイトなどで収入があれば審査に通ることができますが、収入がまったくない場合は、親に収入があると利用できるところもあります。

 

嘘の申告をしない

どうしてもクレジットカードを作りたいので、働いていないのに嘘の勤務先を書く人もいますが、職場に電話してそこに働いているか確認する在籍確認審査もあるので、嘘がばれてしまう可能性があります。

申込む時にたまに間違って記入する人もいますが、間違って記入すると、この人は嘘の申告をしていると思われるので、提出する前は何度も誤字脱字がないか確認しておくことが大事です。

どうしてもカードを作りたいからと、借入総額をごまかして申告しても、信用情報機関で調べられて、この人は嘘の申告をしていると思われ審査に通らなくなります。どんなに借入額が多くても、正確に申告する方が審査に通りやすくなるのです。

 

キャッシング枠を0円にする

クレジットカードには、キャッシング枠があります。キャッシング枠の限度額以内なら、何度でも現金を引き出せるというものです。

キャッシング枠が必要ない場合は、希望限度額を0円にして申し込むと審査に通りやすくなります。クレジットカードを利用する場合は、いろんな種類があるので、どうしても審査に通りたい人は、銀行系よりもスーパー系やコンビニ系のカードに申込むと、審査に通る確率が高くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加