クレジットカードの審査に落ちる理由は3つだけ?こうすれば審査に通る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカード審査は、甘いところから厳しいところまであり、審査に落ちる理由もさまざまなものが考えらます。しかし大きく分けると、カード審査に落ちる理由は3つです。

ここでは、こんな理由でクレジットカード落ちますという具体例について解説します。

 

申込書の不備

記入した申込書に不備があるケースはとても多くなっています。不備があると審査に通らない可能性が高いです。実際の審査基準とは無関係のところで落ちてしまうのはもったいないので気をつけましょう。

具体的には、
・記入した内容が違っている・字が読めない(クセ字・汚い)
・空白だらけ(求められている欄を埋めない)

などです。あなたがカード会社の審査員だったとしたら、字が汚すぎる人がきちんと返済してくれる気がするでしょうか?空白だらけで、情報がよくわからない人にお金を貸せるでしょうか?そのような人間性の部分も重要となってきます。

 

申込要件を満たしていない

クレジットカードにはランクがあります。また、カード会社によって取得の難易度が異なります。それぞれのカードには基準となる申込要件がありますが、それを無視して申込んでも審査に通りません。

とくに年齢や年収などは注意が必要です。高ランクのカードがほしい気持ちもわかりますが、申込要件を満たしているカードから選択しましょう。

 

審査基準を満たしていない

申込要件とは別に、審査要件もあります。申込要件をクリアしても、審査要件を満たしていなければ落ちてしまいます。クレジットカードの審査落ちは、審査要件を満たせなかったからというのが最も多い理由となります。しっかりチェックしましょう。

 

収入

やはり重要なのが収入です。クレジットカードでとくに言われていることですが、自営業やフリーランスなどは不利とされています。年収の多さも多少は審査要件ですが、それよりも定期的に安定したお金が稼げるか?が大切です。

職業としては公務員、会社員、パートやアルバイト、無職の順に有利とされています。また勤務先や勤続年数もチェックされています。

 

住居

意外な審査要件は住居です。持ち家か賃貸なのかが審査されます。賃貸であれば、家賃を月8万円払っていればその分返済できる金額は少なくなります。

反対に持ち家であれば資産価値がありますので、支払いが滞ったときに現金化できると業者は考えるわけです。このような理由で住居も審査要件となります。

自営業はそんなに審査に不利なのか?

自営業のクレジットカード審査は不利なのか?というのは疑問が多いポイントとなっています。実は、年収2000万円の自営業者より、年収500万円の会社員のほうが審査に通りやすいと言われています。

これはスコアリング・システムによる判断です。これは申込内容や信用情報をコンピューターが判断して、審査を通すかどうかを決めるシステムです。

スコアリング・システムは主要な金融機関の90%以上を審査しています。自営業者がクレジットカードの審査に不利となってしまうのはこのような理由があるのです。

 

信用情報に傷が付いている

今使っているクレジットカードの支払いを延滞していないかを、カード会社は信用情報機関で調べています。当然、延滞がある場合は審査に通りにくくなります。クレジットカードの利用履歴で、あなたがきちんと返済するかどうかという部分までチェックが入るのです。

なお信用情報には、クレジットカードのみならず携帯電話の支払い延滞も含まれています。うっかり延滞してしまった経験者も多いのではないでしょうか?クレジットカード会社は、申込書の内容を100%信用しているわけではありません。信用情報機関にしっかり確認しているということを忘れないようにしましょう。

 

借入れが年収に対して多い

借入れの合計額が多いと、クレジットカードの審査に落ちる原因となります。借入額には、住宅ローンやカーローンも含まれます。どの業者から、いくら借入れしているか、という情報も信用情報機関にアクセスされたときすぐにわかってしまいます。

もし借入額が多くなってしまっているのなら、いったん可能な分だけ返済しましょう。借入総額を少なくしてからクレジットカードに申込めば、かなり審査に通りやすくなるはずです。

 

多重申込をしている

1社ではなく数社から借入れがあると、クレジットカードの審査に通りにくくなります。借入れが複数あると、新たな融資を断られたのではないかと業者から疑われるからです。

1~2社であればともかく、4~5の業者から借入れあるなら不利でしょう。借れ件数が多い時点で、返済能力を疑われてしまうこととなるので、借り換えローンやおまとめローンなどを利用してローンを一箇所にまとめる戦略も有効です。

 

まとめ

・申込書の不備からカード審査に落ちる
・申込要件を満たしていないからカード審査に落ちる
・審査基準を満たしていないからカード審査に落ちる

ここではクレジットカードの審査になぜ落ちてしまうのか、について解説しました。大きく分けるとこの3つの理由で落ちるということになります。このうちの上記2つは、注意することで避けられるミスなので、ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加