学生のクレジットカード審査で見るポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お店での買い物やネットショッピングに便利なクレジットカードは、学生であっても1枚は所持しておきたいものです。一度作ってしまえば社会人になってもカードの種類などを切り替えながら利用を続けることができます。

今回は学生のクレジットカードの審査で重視されるポイントを、説明したいと思います。

 

学生がクレジットカードをつくるにはどうすればいいの?

クレジットカードは申し込み時に審査を行うのが通例となっており、これは申込者が学生であっても変わりません。申し込んだらすぐに利用できるというものではなく、審査の結果によっては作れない可能性もあるということを、あらかじめ理解しておきましょう。

ではクレジットカードを学生がつくるためには、どうしたらいいのでしょうか。社会人になってからの申し込みの場合は、申込書に勤務先や年収などを記入することになります。学生には勤務先は存在しないため、学校名や学年、卒業予定年月日などを代わりに記入し、実家の住所や電話番号などを書くことになります。

この時のポイントとして、親権者の名前も必要になることが挙げられます。一般的には父親や母親などの両親が親権者であり、子供のカード作成に許可を出すことになるでしょう。親権者にはサインをお願いすることになります。学校名や学年、卒業予定年月日などは誤魔化さず、正直な記載が必要です。また、アルバイトを行っている場合は、アルバイトの年収を記入します。正式な就職ではなくても収入には違いがないので、こちらも正直に記入します。キャッシング状況の記載欄が申込書にある場合は、こちらもしっかりとチェックしましょう。見落としがちなのがオートローンなどのクレジットカード以外で行っている借り入れです。借り入れをしている事実に変わりはないため、ここも正直に記入します。

 

学生専用カードについて

学生用のカードは一般向けのカードよりも限度額が低く設定されています。通常使う分には充分な額となっており、一般向けカードと同様にお店でのショッピングやネットショッピングなども行えます。限度額が低くて物足りないという場合には、社会人になってから一般向けのカードへと切り替え、限度額の上限を増額することをおすすめします。

クレジットカード会社がターゲットを絞って発行しているだけあり、学生向けのカードはいくつかのポイントをチェックされた後、たいていの場合は問題なく発行されます。しかし残念ながらチェックを通らず、審査落ちとなる可能性も考えられます。審査落ちの理由はそれぞれですが、申込書にサインした親権者の信用情報がチェックされ、信用情報機関に遅延情報が登録されていた場合などが考えられます。

また、申込者自身がオートローンなどで遅延を繰り返している場合もカードが発行できません。申し込みを行った際には、信用情報機関でこれまでの借り入れ履歴や遅延利益が照合されるものを知っておきましょう。この情報は国内にある3つの信用情報機関に登録されるもので、まったく別の会社で遅延していても、申込時には確認されるものです。信用情報機関は国や内閣総理大臣の公式な指定を受けた機関であり、キャッシングやオートローンなどの遅延情報が残されています。

 

まとめ

カード会社が発行しているカードには、若年者向けのお得なカードが存在しています。年会費の優遇やポイント優遇など、学校に通っているからこそ作れるカードを生活に取り入れることで、よりスムーズな買い物ができるようになるでしょう。

申し込み時のポイントとして学校や学年に嘘をつかないことや、アルバイト収入や借り入れ状況についてもしっかりと記載することが大切です。また、あくまで親権者の許可を得てカードを作成することが前提であるため、親権者にはあらかじめどのようなカードを作りたいのか説明した上で、協力をお願いすることも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加