学生のクレジットカード:審査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学生がクレジットカードを申し込む際は限度額が少なく設定されることで審査の基準が甘くなるといわれていますが、実際はどうなのでしょうか。

今回は、学生のクレジットカードの審査について説明したいと思います。

 

審査基準の4C

一般的なクレジットカードの審査の基準とされるものに、4Cと呼ばれるものがあります。どのカード会社も利用者に料金の支払い機能があるかどうかを判断するという点は変わらないため、そこから類推した基本的な基準のことです。

4CはCapacity(経済力)、Capital(資産)、Character(性格)、Control(管理能力)の4つの英単語の頭をとって4Cとなっています。この4Cの内のCharacter(性格)とControl(管理能力)はその人の今までの返済履歴を信用情報機関から得て確認されるもので、今後も問題なく支払い日までに支払いを行う可能性が高い人物かどうかを過去の実績から判断する視点です。

Capital(資産)というのはそのままで、土地や家屋といった不動産や株式や現金貯金などの動産をどれほど所持しているかという基準になります。ただしこの項目は全て自己申告になる上に、いくら資産を持っていても過去に支払い遅滞が多く存在するような性格と判断されると、いくら資産があってもカードが発行されないという事は十分考えられます。

4Cの最後の項目であるCapital(経済力)は問題なく返済ができるだけの安定した収入があるかという基準です。現在の勤務先や勤続年数、年収などがこの項目の判断基準になります。もちろん申込用紙の自己申告だけを見て終わるわけではなく情報機関のデータベースを参照して確認を行い、問題が無いか確認を行います。

 

学生は特に何を審査される?

学生であれば上記の条件よりゆるい審査になると思いますが、学生でも発行が許可されないケースが多く存在します。

では学生の場合どのような観点で信用できるかどうかの確認が行われるのでしょうか。実は、収入のない申込者に関しては親や配偶者に対して調査が行われます。これは本人がアルバイトなどで収入がある場合でも変わりません。

大学や専門学校に通っている人の申込みは、学校に通っているという事実のみで親権者に一定の収入があることの証明になるので、大学や専門学校の生徒であれば基本的にはカードが発行されるようになるようです。

 

学生でも審査に落ちる人がいるのはなぜ?

しかし大学や専門学校に通っているという事実だけでカードが発行されるというのであれば、学生なのに審査に落ちる人がいるのはなぜなのでしょうか。この場合考えられるのは、本人に支払いの遅滞情報があるため拒否されているからです。

携帯やスマートフォンの本体を分割支払いで購入している方もいると思いますが、実はこの分割支払いもローンであるとされるので、月々の料金支払い状況が信用情報機関に登録されるのです。

月々の支払いに遅滞がある場合は、クレジットカードが発行されないことがあるので注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加