クレジットカード審査の攻略法:無職編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無職の方でもクレジットカードの審査に通るのでしょうか?

今回は無職の方のための、クレジットカードの審査の攻略法をまとめたいと思います。

 

クレジットカードの審査では何を見られるのか?

利用するたびに付与されるポイントや、スムーズに買い物が行える利便性など、クレジットカードは暮らしの上で持っておきたいツールのひとつです。一般的な会社員だけではなく、無職や主婦であっても審査を通過すればクレジットカードを取得することができます。無職の場合、カード作成の際に難所となるのが職業欄や収入欄でしょう。

カード会社にカードの申込みを行った際には、いくつかのポイントがチェックされます。住所氏名はもちろんのこと、年齢や職業、年収のほか、勤務先の従業員数や勤続年数なども求められます。カード会社からすれば融資を行うためにはぜひ確認しなければならない情報となっており、申込時に審査を行うことによって、貸し倒れの危険性を最小限に抑えることができます。返済能力がない顧客に融資を行えば、返済が滞ることは目に見えているからです。

また、カード会社側の都合だけではなく、顧客側の多重債務を防ぐという意味合いも持っています。年齢や職業などのチェックのほかに、信用状況機関に登録された遅延情報も照合されます。信用情報機関は国や総理大臣などの指定を受けた機関となっており、キャッシングやローンなどで遅延した場合、この機関に遅延情報が登録されます。金融会社にとっては遅延情報は登録しなければいけない情報です。他の会社で遅れた分であっても、申込時には照合されるものと考えておきましょう。他社のカードローンやオートローンの遅延は審査に無関係ではなく、場合によってはこれらの遅延情報によって審査が通らない可能性もあります。

 

無職の方が作れるクレジットカード

無職の状態で最も作りやすいカードは、家族カードでしょう。家族の誰かに頼めば、契約者に付随する形でカードを所持することができます。ただしこの家族カードはあくまでも契約者に付随したカードであり、利便性は多少薄れてしまいます。月々の支払いも家族の口座から基本的には行われますし、家族の信用を傷つけないためにも遅延はできません。

家族名義でのカードを利用するのは申し訳ない、あるいは家族に利用明細などを見られるのはいやだという場合には、やはり自分自身の名義でカードを作成することをお勧めします。

 

当然仕事をしている方がクレジットカードは作りやすい

会社を辞めることが決定しており、無職になるとあらかじめ判っている場合には、在籍中にカードを作成しておくのも良い方法です。カードの審査には1ヶ月程度はかかるものを見越して申込むことで、在籍確認などもクリアすることができます。一度作成したカードは退職後も問題なく利用を続けることができますが、退職や転職によって状況が変わった場合にはクレジットカード会社に報告を行う必要があります。無職になったからといって即刻カードが利用停止になるわけではありませんが、顧客が在職しているかどうかの把握もカード会社の義務であることを憶えておきましょう。

いずれにしても会社に在籍している状態のほうが、カードが作りやすいのは確かです。無職になる前に、作っておいたほうが良いカードは無いか確認しておきましょう。また、現在会社勤めをしておらず、派遣会社に登録をしてその都度仕事をしているのならば、派遣社員として申込書に記載することができます。

クレジットカード会社の審査には、預貯金の多さはポイントとなりません。現在の貯金額よりも、今後も安定した収入があるかどうかが重要視されます。これは安定した収入によって遅延のない返済が行われることが前提となっているため、使用すれば減るばかりの貯金はあまり重視されないのです。また、自分がそれまで返済してきた信用情報もクレジットカードを新規申し込みした際に重要視されることになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加